オスモカラー専門店

塗装トラブル

塗料が乾かない

Q.無垢材レッドシダーの玄関ドアをウッドステインプロテクターで塗装してもらったのですが、夕方に塗ったものが翌々日の朝に乾いていない状態でした。

見た目もペンキを塗ったような仕上がりになっているので、修正を依頼したところ、紙ヤスリでこすって落として塗り直すと言われました。

直接、ヤスリをかけてもいいものでしょうか?

それとも、リムーバーなどである程度落としてからヤスリはかけるべきでしょうか?

たくさん悩んでオスモカラーを選び、失敗されてしまったことが残念でしかたないので、キチンと直してもらえるように、正しい修正の仕方を教えていただければと思います。

A.仕上がり感もペンキのような感じとのことですので、塗りすぎが原因と思われます。

ウッドステインプロテクターは木目の見える塗料のため、ペンキのような塗装だとかなりの厚塗りではないかと思います。

紙ヤスリによる塗装を落とす方法ですが、塗装を落とす一般的な方法ですので問題はないかと思います。

ただし、塗装が半乾きの状態だと紙ヤスリの目詰まりしますので、大量の紙やすりをご用意いただいた方がよいかと思います。

リムーバー等である程度落としてから紙ヤスリをかけられても大丈夫です。

 

工程

1、粗目の紙ヤスリ(#120程度)で塗装を落とす ※注

2、中目(#180)の紙ヤスリで木地調整をおこなう

3、塗装

※ 紙ヤスリは木目に沿ってかけてください。

  粗目の紙ヤスリ(#60#80)は塗装を落としやすいですが、木に傷をつけることがありますので、ご使用の際はご注意ください。

 

塗り過ぎた塗料を木目が見えるくらいまで落として、タッチアップ補修する方法もあります。

工程ですが、リムーバーとスコッチブライト(研磨布)を併用して、塗り過ぎた塗装を落とします。

塗り過ぎた塗装を落とせましたら、リムーバーをしっかりふき取り乾かします。

乾燥後タッチアップでオスモカラーを薄く塗装します。

この方法は塗装を全部落とすより手間はかかりませんが、塗装の落としかたによっては仕上がりに色の濃淡が出ることが考えられます。

可能であれば目立たない箇所で試すか、サンプル木材で仕上がりをご確認いただいてから、全体に手を付けられることをおすすめ致します。

 

[追加質問]

①紙ヤスリで全て落とす場合とリムーバーを使う場合、それぞれその後の塗装は1回ですか?それとも2回ですか?

②リムーバーはどのようなものを使うのが良いですか?オスモカラーで取り扱っている商品の中で適しているものはありますか??

 

[ 回答 ]

①紙ヤスリで全て落とす場合とリムーバーを使う場合、それぞれその後の塗装は1回ですか?それとも2回ですか?

→ ウッドステインプロテクターは2回塗りがメーカーの塗装仕様となっています。

  また、屋外は日差しや風雨等で傷みやすい箇所です。そのため塗装の耐久性を出すには2回塗りがおすすめです。

  サンディングをされて塗装を落とされた場合は2回塗りをおすすめ致します。

 

  リムーバーで色を残された場合は1回塗りでも大丈夫です。

  理由としまして、色が残っている=下塗りされた状態に近いためです。

  ただし、庇や屋根が無く、直射日光がよく当たる箇所の場合は2回塗りされた方がよいかもしれません。

 

  塗装のイメージとしましてはフライパンに油をひくような感じで木目に沿って少ない量を塗り伸ばす感じです。

  塗装の際に使う刷毛ですが、毛が固くコシの強い刷毛かコテバケをおすすめ致します。

 

②リムーバーはどのようなものを使うのが良いですか?オスモカラーで取り扱っている商品の中で適しているものはありますか??

→ リムーバーについてですが、以前はオスモからペイントリムーバーが販売されていたのですが

  昨年に廃版になり、在庫をお調べしたところ0缶でした。

  他メーカーでは三彩化工株式会社さまの「ネオリバー 木部用」があります。

http://www.sansai.com/products/pdf/cat_neo_rever_111.pdf

  ↑  塗装職人が使用されるリムーバーで、効果が高いと聞きます。

   私は使用したことがないため、ご参考までに挙げさせていただきました。

  玄関ドアにご使用される分であれば、業務用サイズのリムーバーだと余ってしまいますので、

  ホームセンターで販売されている少量のリムーバーからお試しされるのはいかがでしょうか。