オスモカラー専門店

ウッドステインプロテクターで塗装後に色を薄く

Q.新築住宅で庇裏および破風にオスモウッドステインプロテクターを塗装しましたが、色薄くしたい。もしくは違う色を塗りなおすにはどう対応すればよいでしょうか。

1、420 ウッドステインクリアープラスで拭き取る

2、1101 エキストラクリアー又は刷毛洗浄液で拭き取り

3、オスモペイントリムーバーで一度剥離させ薄い色を塗る

4、サンドペーパーで落とし塗り直し

上記1~4番もしくは正しい方法をお教えください。

A.色を薄くする場合ですが、

2、刷毛洗浄液で拭き取り

3、ペイントリムーバーで剥離

以上の方法で対応可能です。

 

2のエキストラクリアーを用いる方法は内装で使用する方法ですので、屋外の場合は刷毛洗浄液のみで大丈夫です。

塗装をされてから日にちが経っていますとオスモカラーが完全乾燥して刷毛洗浄液では色を薄くするのが難しくなりますので、

その場合はペイントリムーバーを使用して2の方法をお試しください。

 

違う色に塗り直す場合ですが、塗装された色(特に濃い色)によっては塗装をすべて落としてから塗り直さないといけません。

リムーバーだけでは木の中に浸透したオスモカラーを落としきれないため、サンドペーパーで研磨する必要があるためです。

作業前にサンプル板か目立たない箇所でお試しされて、仕上がりをご確認のうえ本番作業されることをおすすめ致します。

 

最後に塗装についてですが、塗装はしっかり塗るほど耐久性が上がります。

屋外の場合、特に破風板は風雨、紫外線により早く傷みます。

そのため色を薄くしすぎると耐久性が落ちるとお考え下さい。

また、経年劣化で徐々に退色していきますので、色が濃すぎたと思われても少しずつ落ち着いていくことも考えられます。

少し様子を見られるのも選択肢の1つとしてはいかがでしょうか。