★木製食器、家具を製造しております。

Q.木製食器、家具を製造しております。

今は主に無塗装、もしくはウレタン塗料を使っているのですが、ウレタンに代わる無害な自然塗料を探しております。
まずは食器に使用できますか?またできるだけ自然の質感を保ちたいです。

サンプルではつやが出るものが多くでていますが、つや消し、マットな仕上がりになるものはありますか?

傷、ひび割れや乾燥防止、また液体を入れた際の木材への染み込み、染みだし、色移りの防止が目的です。

こちらは一度塗布した後、日常使用してどのくらいその機能を保つ事ができますか?(塗り直しの必要はありますか?)

また、主にチーク材に使います。
油分が多いと何か問題がありますか。

 

A.オイル、ウレタンと比較して一般的な説明すると

◆オイル

 メリット   木の質感が残る(木の特性である調湿機能を損なわない)・塗り足しが容易

 デメリット  保護力が弱いため、お手入れを頻繁に行わないといけない

 

◆ウレタン等の塗膜を作る塗料

 メリット   保護力が高い

 デメリット  木の質感が失われる・劣化してしまうと塗装を剥離して塗り替えないといけない(一般では難しい)

 

オスモカラー(オイル&ワックスコンビネーション)は木の質感を残しながらオイルよりも保護力が高く、
革製品をお手入れするように簡単にメンテ可能です。

最初に塗装する塗布量を基準通りにすればシミたりしませんし、唾液に溶け出すこともありません。

 

気になる点として、ひび割れについては固めるというよりも
オスモカラーは木の動きに追随するイメージなので木の動きを止める効果は少ないかと思います。
(オイル塗装は木材の乾燥具合に左右されます)

チークの油分で塗料の乾燥が遅くなる事例はありますが、塗料の使い分けでうまく塗装できます。

 

長々と書いてしまいましたが文字だけではお伝えできる事に限りがありますので、
実際にお試しいただきながら電話やお会いしてお話しさせていただく方が良いかもしれません。