★パイン材で子供向けの家具を作っている者です。

Q.パイン材で子供向けの家具を作っている者です。

フロアクリアー エキストラクリアーノーマルクリアーの中で、一番手触りの良いものはどれでしょうか?

乾燥も匂い飛びも、早い方がいいです。

今はノーマルクリアを使っています。

 

A.一番手触りが良いもの(木の質感に近いもの)で言うとエキストラクリアーです。

理由は極端に言えばノーマルクリアーを溶剤で薄めたのがエキストラクリアーとなり、ノーマルクリアーよりも木部に塗料の成分が薄く固着するため、木の質感が出やすくなります。

ただし、薄付きになるので保護力はノーマルクリアーより劣ります。

※オスモカラーに使用している溶剤はハンドクリームやカプセル錠剤に使用されている程、精製されたミネラルスピリッツです。万が一、口に入ったとしても体内に吸収されず排出されるレベルの溶剤です。

 

ノーマルクリアーとフロアクリアーの違いですが、ノーマルクリアーと比べてワックス分が豊富な事と、床用として開発されているので滑り止め効果のある土類の鉱物が入っています。

見た目はノーマルクリアーと比べて濁ったような少し白っぽく見えます。

(塗装すれば分からないレベルです)

               

速乾性を求めているのであれば、フロアークリアーエクスプレスがオススメです。

オスモカラー全般の乾燥時間が12時間程度要しますが、エクスプレスは2~3時間で乾燥します。

臭いにつきましては、オスモカラーに限らずオイル塗装の宿命なのですが、酸化重合する際、ホルムアルデヒド等が発散するため臭いが発生します。

お客様に向けて発送する時に梱包し、開梱した際の臭いを気にされているかと想像していますが、対処法としては臭いが納まるまで発送を遅らせるしか方法がありません。

※乾燥時間と共に塗料が完全に樹脂化するには45日要します。樹脂化するに伴って臭いも無くなります。

ご存知かもしれませんが、オイルフィニッシュは酸化重合といって油が酸化することによって樹脂化し、被塗物に固着します。

 

ツルツルとした手触りを求めているならば、パイン材のような柔らか目の木材だと塗料が乾燥した後、#320#400のサンドペーパーで擦れば良いかと思います。

裏ワザとして段ボールで擦っても同じ効果があります。

 

弊社オススメの塗装方法として机やイスを例に挙げますと、

①エキストラクリアーで全体を塗装する

②乾燥後、中間研磨(上記の要領)

②より保護力を求める部分(机の天板やイスの座面等)にフロアークリアーラピッドで塗装する

少しばかりですが、コストダウンと時間の短縮ができるかと思います。

あと釈迦に説法ですが、オイルフィニッシュで一番大切なのは下地作りですのでしっかりとペーパーで擦ってください。