オスモカラー専門店

これは乾燥不良でしょうか

Q.ワンコートオンリーのウォルナットを無垢材の床と室内ドアに塗ってもらいました。

樹種はともにパインです。床は1回塗り、ドアは2回塗りしてもらいました。

塗装が完了して3日経ちますが、ドアは艶消し仕上がりのはずがテカテカで、また乾いていないのかと少し触ってみたところ、指に塗料は付着しません。

床もところどころ艶のある塗料溜りがあり、触っても指に付きませんでした。

これは乾燥不良でしょうか?

A.おそらく、乾燥はしている状態かと思います。

ただ、塗布量が多い可能性があるので、爪で削ると取れるかと思います。

テカりの原因は2回塗装によるものだと思います。

パイン材のため、思ったより色が着かないので2回塗ったのでしょうか??

床に関しても、塗料が多く乗っている部分がテカりになっているかと思われます。

 

ワンコートオンリーはワックスが配合されていないため、ツヤ無しに仕上がる塗料です。

従って床やカウンター等、耐摩耗性が必要な場合はフロアークリアーの艶消しをトップコートに使用するのが望ましいです。

 

【 追加質問 】

そもそもワンコートオンリーとあるのに2回塗ってもらった事が失敗だったのかと後悔しています。

お願いした業者さんは、オスモカラーの扱いに不慣れな印象でした。

全体的な仕上がりは思ってるより濃くなっています。

もっと時間が経てば、艶は消えるのでしょうか?

もし乾燥不良であれば、的確な対処法を教えてください。

 

【 回答 】

ツヤは経年すれば落ち着いてはくるかと思いますが、数年単位の話になります。

対処法としては、2点ご提案いたしますが、塗装屋さんと相談しながらお試しください。

・サンドペーパーで塗料を擦り落して再塗装 

・少し強めの溶剤で塗装を落ち着くところまで落とす。

推測するに、パイン材に濃い色目を着けたいので2回塗装したこと、

塗装する方が不慣れなため、規定量より多く塗布したことが原因かと思います。

一度塗装したものを元に戻すのは大変困難でして、あくまで2点の対処法も塗装業者様とご相談の上お試しください。